和食器通販と季節の献立「おいしいうつわ」

「おいしいうつわ」の撮影

今回は 「筍(しゅん)の筍(たけのこ)」と題して筍づくしです。

まさに旬の代名詞、筍ですが、全盛期を迎えると使い切れなかったり
して、もてあます事があります。

色んな調理方(といっても和食ですが・・・)で食べつくしちゃいましょう!
という提案です(^^ゞ

上の方の穂先部分は煮物や汁物、天ぷらに、
下の方はご飯や、揚げものなどに。

画像


それでも残ってしまったら、干筍にしたり、ピクルス風にして、保存しています。

画像


今回の献立は
・炊き合わせ(筍、蕗の信田煮)
・天ぷら(筍、蕗のとう、タラの芽)
・筍の海老はさみ揚げ
・揚げだし筍みぞれあんかけ(筍、エリンギ、菜の花)
・筍ごはん
・若竹汁(筍、若布、木の芽)
・筍の和風ピクルス
・干筍の佃煮

の8点。まさに筍づくしメニューです!

画像


器はすべて敏彩窯の染付を使ってみました。
このはっとするほどキレイな呉須の色は、きつね色の食材がよく映えます。
醤油色の煮物類や色のない料理にも華やぎをもたらしてくれます。

画像


こんなスローな感じでやってます(笑)

画像


詳しくは「おいしいうつわ」

http://www.oishiiutsuwa.com/

ご覧下さいませ。



高校での実習

講師をさせていただいてる高校(食物調理科)、2年生の最後の実習は

和食での「ビュッフェパーティー」です。


画像



画像



頑張ってキレイに盛り付けています。

画像


画像


画像



デザートに関しては、生徒のオリジナル

画像



このプリンめちゃくちゃ美味しかったです。
和食に合ってました。

画像


キレイ→美味しい→楽しい→嬉しい・・・・・
って思ってもらえたらいいなぁ~

「料理は人を幸せにできる!!」

な~んていつも生徒に言ってる私です(^^ゞ



澤田酒造「新酒を楽しむ会」in常滑屋

今年も新酒のシーズンです。

例年のごとく2日間で150名を超えるお客様で賑わいました。

皆さんの笑顔をみると、お酒の美味しさと垣根を取り払う力を感じます。

画像



画像


酒の肴を意識して作っていますが・・・どうだったのでしょうか?

日本酒の肴をお酒に合わせて考える作業はとても楽しいです。

画像


画像


白老さん、今年も美味しいお酒が揃ってます!

最後に澤田薫ちゃんと、息子ちゃんと記念撮影。

画像



澤田社長が白老のHPにも「新酒を楽しむ会」について
アップしています。

こちらの方が断然写真がキレイです(^^ゞ
ありがとうございます!

http://www.hakurou.com/diarypro2/diary.cgi

是非こちらもご覧下さいませ。

夜咄茶事のお稽古

知人宅での夜咄茶事のお料理を提供させていただきました。

普通のお宅なのですが(そんな表現でごめんなさい)

皆さんとても勉強熱心で、手作り感満載の心温まる茶事でした。

立派なお茶室やお庭がある訳ではありませんが・・・

そこにはそんな事必要じゃないよねって確信できる

心のこもったおもてなしがありました。

私自信とても勉強になり、かつ普段つい足し算になりがちな

料理をミニマムに見直す機会を与えていただき

感謝です!!

奥野様がブログに書いてくれました。

ありがとうございます。


http://www.mangrove0618.com/archives/22185

是非ご覧くださいませ。

大菱屋企画 澤田酒蔵のお酒と共に

着物「大菱屋」の田中サオリさんの企画

「澤田酒造 酒蔵見学と料理」


久しぶりの澤田薫さんとのコラボです。


やっぱり薫ちゃんとのコラボは楽しいなぁ~(^v^)
サオリさん、いつもありがとうございます。
素敵なお客様ばかりで嬉しいです!


こちらは、純米酒向けの一箱。

画像



2月は新酒の季節です。
また、新酒の会があります。

人数が多いので、大変ではありますが、楽しみです!


着物「大菱屋」
http://www.oobishiya.net/

澤田酒造
http://www.hakurou.com/

A様「初釜」


年明けは「初釜」から始まります。

「初釜」の席はいいですね。

新年を迎えた程良い緊張感と清潔感があります。


画像



おせち料理

遅ればせながらあけましておめでとうございます。

今年も宜しくお願いいたします。

毎年年末恒例のハードスケジュールの「おせち料理」
多分・・・おそらく・・・20回目を迎えます。


私はちゃんと素材の声を聞いているのか・・・・
この子達(料理)を舞台にあげて遜色はないのか・・・・

何年やっても、試行錯誤・・・自問自答の日々です。


それでも、数ある「おせち料理」の中、毎年注文下さるお客様。

たいした量でもないのに、わがままを聞いてくれる業者の方々。

暗いうちから、凍えながら詰め込みと配達をしてくれるスタッフ。

皆、皆、本当にありがとうございます。


大みそかは、感謝の気持ちでいっぱい、いっぱいになります。
そんな状態になれる事にさらに感謝です。



2013年「おせち料理」

画像



画像



今年は巳年のラッピングにしてみました。

画像